Kugelblitz

いつ何時誰の挑戦でも受ける!

飛行機はなぜ左側から乗り降りするのか

飛行機ってだいたい左側から乗り降りします。ボーディングブリッジからのときだけでなく、タラップを使ったときも、だいたい左側から乗り降りします。

また、機長席は左側ですし、空の世界は右側通行(すれ違う相手を左側にみる)となっています。

この理由ですが、船の世界の風習が持ち込まれた結果だそうです。船も、基本的には左側を岸壁に寄せて停泊(左舷付、というそうです)することが多いです。ただ、船に関しては入出港の都合で、時々は右舷側で停泊していることをみることもありますね。
002

「基本的には左側を岸壁に寄せて停泊」することから、左舷のことを英語ではport side、と言ったりします。

ではなぜ、左側で停泊するようになったかといえば、バイキング船のような昔の船は、舵が右側に張り出して取り付けてあったため、停泊のときに舵がじゃまにならないように、左舷を岸壁につけて泊めていたそうです。

現代の船は舵が後ろの真ん中についているので、左舷、右舷どちらで泊めても舵がじゃまになることはないのですが、大昔の名残で原則左舷を岸壁側にして泊めているそうです。

ちょっとした豆意識、いかがでしたでしょうか。また、これは関係しているか、関係ないのかわかりませんが、鉄道の蒸気機関車は、進行方向左側を公式側、右側を非公式側、と呼びます。

Pocket

他の記事